​お問い合わせはこちらから

検索
  • mami_y09

早朝限定の絶景体験!-シーラーズ マスジェデ・ナスィーロル・モルクで全身にピンクを浴びる-

こんにちは、Mamiです。


ペルシア語の語学学校のタームが最近終わりました。

学生に戻ったかのように、毎日授業を受けて、期末テストに向けて勉強して。

おかげで少し、ペルシア語を話せるようになってきました。


そんな今日紹介するのが

「絶景!ピンクモスク」です。


イランの首都テヘランから飛行機で1.5時間。

バスだと結構、結構かかる(半日くらい)場所にある

地方都市「シーラーズ

の観光地を写真たっぷりでレポートします。


マスジェデ・ナスィーロル・モルク・モスク」通称ピンクモスクは、

シーラーズの中心部に位置するモスクです。


1880年代後半に建てられた、

ステンドグラスが特徴的なモスク。

毎日、多くの観光客が世界中から訪れます。


何がそんなにすごいのか?


朝日が指す時間だけ見られる

ピンク色の光が絶景なんです。



朝日が差し込むモスク内では、

手書きで描かれた壁面のタイルやペルシア絨毯が

色鮮やかに光で染められていきます。


みんな、この光景を一目見ようと早朝からここに訪れているようです。


わたしが行って撮った写真はこんな感じ。




めっちゃ綺麗!

映える写真がたくさん撮れます。



逆光や影を利用してこんな写真も。






スマホ(iPhone)でこんな感じなので、本格的なカメラだと

もっといい写真が撮れると思います。




モスクの外のタイルも、ピンクや黄色など、

普段イランのモスクでよく見るブルー系とは異なる色合いのもので可愛い!

手作業で修繕されていて、驚きました。






「ここ、いつ行くのがいいの?」


冬と春と2回訪れましたが、どちらも8:30すぎから観光客が増えてきました。


7:30から現在はオープンしているよう。

(2018年3月に訪れた際は、イラン暦の正月が近かったからか、

7時前に開けてくださりました。)




7:30だと、夏場でないと光が弱いかもしれません。

しかし、だんだん光が差し込み、光が広がる様子をペルシア絨毯の上に

座りながら眺めるのも、いい体験かも。


タクシーの運転手さんに

「ピンクモスク、マスジェデ・ナスィーロル・モルク」

というと伝わりますので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。


シーラーズはこの他にも見どころがいっぱい!また紹介します。

それでは!


Mami

#iran #shiraz #pinkmosque #mosque

#イラン #シーラーズ #中東











177回の閲覧